メインイメージ

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

働く車には様々な分類があり、例えばパトカー、消防車、救急車などの緊急車両から、ダンプカーやブルドーザー、パワーショベルやクレーンカー、フォークリフトなどの工事現場や作業現場で活躍する車、軽トラックから10トンを超える大型トラックまで様々な分類のある貨物車両などが真っ先に挙げられるでしょう。

消防車といっても分類はさらに細分化され、消火栓からポンプで水をくみ上げるポンプ車も軽自動車タイプから水槽を備えた大型車まであります。

さらには巨大なはしご車、空港などに配備されている化学消防車、レスキュー隊が使用する救助工作車、災害派遣などの現場で陣頭指揮を執る指令車、大震災などの大規模な災害に対応する特殊災害対策車、隊員の支援のために簡単なキッチンシステムやトイレ・シャワールームなどを備えた支援車、活動支援に用いられる工作支援車などが挙げられます。