メインイメージ

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。

働く車の豆知識

働く車には様々な種類があります。世間ではあまり働く車に対し知識を持っている方は少ないと思います。普段よく目にするのは警察車両のパトカーや火事などの消化をする消防車、救急患者を病院へ運ぶ救急車などがあります。その他にも交通機関のバスやタクシー、工事現場などで活躍するダンプトラックやロードローラーなどがあります。農作業に使用される田植機やコンバインも働く車の1つです。

また、空港でもハイリフトローダーや航空機牽引車など数多くの車両が活躍しています。自衛隊員が使用する装輪装甲車や戦車なども働く車に分類され国を守る大切な車両です。

このように数多くの車両がありますがその中でもよく目にするのは警察車両です。警察車両ではパトカーが主流です。知識がない方どもパトカーは見た事があると思います。警察車両には多くの車両が存在します。警ら用パトカーは、事件や事故に備えてパトロールなどをしたり緊急事態発生の初動措置を行うための車両です。車内はパトカー専用装備が多く備えられています。

高速パトロールカーは高速道路上で発生する事故や事件など対処を担当する車両です。速度違反や挙動不審の車両にも迅速に対応できるように警ら用パトカーより排気量の大きい車種を採用しています。

サインカーは中型車両を改造した荷台に表示板が取り付けられている車両で、検問や事故の際に警告表示をして後続車に道路状況を知らせてくれる車両です。

白バイは交通指導取締活動に使用される車両です。取締活動の他にマラソン大会の先導や二輪車安全運転教室などの場所でも活躍しています。排気量も800cc以上の大型車両が採用されておりパトカーに引けを取らない装備がされています。

このように様々な車両が活躍していてます。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。代表格は、工事現場で働く車、中でもブルドーザーです。砂場でも遊ぶのをよく見かけます。砂や土砂を押し入れながら運んでいくさまが子供の興味をそそります。物を運ぶクレーン車やコンクリートミキサー車、トラックや...  気になる詳細はこちらから ⇒