メインイメージ

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。

働く車の種類

車には仕事に使われる車が沢山ありますが、おもに働く車にはどんな種類があるのでしょうか。仕事のために使われる車には子供たちの大好きな車があります。活躍する場所によっても働く車の種類が分けられます。

まずは緊急車両とも呼ばれるパトカーや救急車、消防車などがあります。これらの車も車種が多くあり細い道でも通ることの出来る小さなものから、大規模な出動がある時には大きな車種もあります。消防車についてはビル火災が起きた時にははしご付きの車両が出動します。

次に公共交通機関のひとつでもあるバスやタクシーがあります。バスについても乗客の規模や利用者の規模に合わせて車体の大きさの種類が分かれています。小さいものならマイクロバスと呼ばれるものや、観光バスについては2階で構成されている大型バスがあります。

働く車として思いつくのが、工事現場や作業現場で活躍する車です。大型トラックにはダンプカーやトレーラー、コンクリートミキサー車やタンクローリーがあります。大きな車体で積載重量も大容量となっているので、車輪も普通の車より多く付いています。現場で活躍するショベルカーやブルドーザー、クレーン車などもあります。

宅急便や郵便などの配送車にもさまざまな種類があります。チャーター便には大型のトラックが使われ、通常の配送については中型の車や軽自動車などが使われます。配送や移動販売などの仕事で使われる目的の働く車は車体に独特のデザインが施され、街中を走っていても目につきやすいのが特徴です。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。大きな車体の前方に特徴である大きな金属のブレードが取り付けられており、建設現場などで土砂を押し出すことに利用されています。もう一つの大きな特徴は、車でありながらタイヤではなくキャタピラであることです。だ円に繋がった板状の金属が...  気になる詳細はこちらから ⇒