メインイメージ

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。

働く車の概念

働く車の基本は、その車が何らかのビジネスとして利用され、それにて利益を得ることが目的となります。

分類として商用としての乗用車、タクシーやバスのような運行事業に用いられる事業用としての商用車があり、事業用車両は緑ナンバーを付けることが義務となります。

このことから商用車は広く分類され、乗用車であっても営業や移動などで商業に使われれば商用車となり、貨物搬送を目的としたトラックやバン、ワゴン車なども商用、特殊装備や架装をした車も商用、ダンプカー、バス、タンクローリー、クレーン車など多くの車が働く車として存在します。

基本的には商用車と乗用車という2つの概念があり、プライベート使用の車を乗用車、仕事で利用される車を商用車となり、この2つの異なる概念は、生産上はっきりと分けられており、人荷を運ぶ目的や重量搬送や作業などで使われる車両が多いことから、構造上頑丈な骨格としてあることが多く、また、無駄な装備が搭載されていないことなども商用車に多いです。

働く車は、その目的を遂行するために、乗用車にはない優れた性能を持ち、ビジネスに役立てる目的で生産されています。

人命を預かり、収益を得るバスやタクシーなどの場合、営業ナンバーを付け、運転手には2種免許取得者を採用するなど、高いコンプライアンスが設けられ、特殊車でも操作技術試験に合格した者でなければ運転や操作が出来ないという規則が厳しい点も働く車に必要な用件となります。

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。働く車には様々な分類があり、例えばパトカー、消防車、救急車などの緊急車両から、ダンプカーやブルドーザー、パワーショベルやクレーンカー、フォークリフトなどの工事現場や作業現場で活躍する車、軽トラックから1...  気になる詳細はこちらから ⇒